端っこ暮らし

人生迷走中。世界の端っこで暮らしています。思い付いたことを少しずつ書いていきたいと思います。

集団討論が嫌いって話①

お久しぶりです。

またサボっておりました。

 

現在は懲りずにIT関連会社にプログラマーとして勤務していますが、後悔が多そうです。

 

さてさて、

表題についてですが、転職して早々転職活動をしております。

今の会社が嫌というより、やりたい仕事のための活動です。

いや、正直言うと嫌なんですけど…お給料が。

 

その転職活動で、書類選考、筆記試験を経て、先日集団討論の選考を受けてきました。

 

落ちました。

予想はしてましたけど、落ち込むし、腹が立ちます。

 

集団討論は過去に30回くらいは本番でしたことあるんですが、通過したのはたった3回だけです。

 

集団討論以外の選考を同時に受けてた回数も含まれていますが、この通過率の低さです。

というか、面接も苦手なんですが、集団討論だけで選考を受けた時、1回しか通過したことないので、苦手意識が強いです。

 

過去に通過した時は、

①少人数で進めやすかった

②そもそも落ちる人が少なかった

③通った理由がわからん

と言った感じです。

 

①は愛知県の公立陶生病院の事務職員の採用試験でした。

3人での集団討論で、自分の進めたいように進められました。

多いと意味のわからないこと言う人が多くて嫌になります。

何が何でも発言したい、みたいなの。

相槌打つのにも時間かける奴がいる始末です。

そして、最終選考では遅刻して、選考すら受けれませんでした。

 

②は大阪の守口市役所の事務職員採用試験でした。

これも4人で集団討論と、人数が少なくて進めやすかったのもありますが、試験の結果発表を見ると、選考の前後で全然人が減ってなかったので、討論が良かったから通ったという訳ではなさそうです。

 

③は大阪大学の事務職員の独自採用試験でした。 

これは本当に意味不明。

たしか8人くらいで集団討論しましたが、途中で議論がどうでもいい感じになったので、早々に離脱。

配られた白紙の紙に、「集団討論嫌い」とだけ書いて、終わるまでずっと発言もせず、頬杖をついていました。

これが何故か通過。

次に受けたSPIも通過しましたが、個人面接で全く手応えもなく不合格でした。

 

手応えがあっても落ちたりもしてますし、自分には何が評価されてるのかよくわかりません。

いや、多少はわかっているつもりですが、そのような振舞いは自分にはできません。

 

 

ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう その3

こんにちは。

とりあえず、次の仕事が決まり、今は家でプログラミングの勉強をしています。
作ってみたいアプリのアイデアがあるので、それを形にできたらと思い、勉強を始めましたが、頭が良くないせいか、なかなか覚えられません。
完成は何十年後になるでしょうか。


それはさておき、学校を良くする方法その3です。

前回は残業代ちゃんと付けようって話をしました。
今回も勤務時間に関することで、多分学校以外の民間企業でもフツーにあることです。

学校の教職員の勤務時間は、8時半から始まります。
だいたい、児童生徒の登校時間も同じような時間で、欠席や遅刻の連絡は8時過ぎからかかってくる訳です。
中学校では、部活動の朝練があったりで子どもがもっと早く登校している場合もあります。
そして、終業時間は17時です。
ですが、だいたいこの時間に帰れる教員は限られます。
中学校では部活動等もあり、生徒の最終下校時刻は春秋が17時半、夏は18時であるなど、終業時間後に設定されています。


子どもが学校にいるのに、帰れる訳ないやん


これがそもそも良くないと思うのです。
欠席や遅刻の連絡を受けるのはもちろん業務ですし、最終下校時刻までに生徒を帰らせるのも業務です。

しかし、これらは超勤四項目にも該当しません。
つまり、教員の労働ではないのです。
こんなことテキトーなことをしていて、労務管理なんてとてもできないでしょう。

それに、身近で見ていると、8時とか早く出勤したり、遅くまで学校に残ってる人ってだいたい決まっていて、特定の人に負担が集中してるのがよくわかります。

電話受けたり、下校させるためだけに時間外にいてる訳じゃないでしょうけど。

とりあえずだ。
勤務時間前に仕事しなくちゃいけなかったり、勤務時間終わってから仕事しなくちゃいけないのはおかしいと思うのです。
それも毎日。

毎日しなくちゃいけないのなら、最初から勤務時間内とすべきと思います。


そこで、提案。
勤務時間を8時から16時までと、9時から18時までのシフト制にすること。

メリハリ付けて仕事しなくちゃいけませんよね。


ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう その2

読んでくださっている方がいたら、ありがとうございます。

仕事辞めて暇なんですが、時間を潰すのは得意なようで、やることがなくて困るということにはなっていません。

就活ですが、まず1社内定いただきました。


さて、
本題です。

ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう その2

です。

その2で考えたことは、
教員の、いわゆる「超勤4項目」の限定をなくすことです。

ご存知の方も多いように、公立学校の教員は、『公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法』により、残業代が出ていません。(詳しくは同法をググってくださいね)

残業代が出ない(というか残業の概念がない)ので、勤務時間の区切りがつかず、ダラダラ帰れない教員の方も多いと思います。

勤務時間を区切り、残業代を残業しただけ出すようになれば、ちゃんと時間外労働時間をきちんと把握でき、労務管理がちゃんとできると思うんです。

まあ、そのためには他にも変えなければいけないことたくさんあるんですが…。

定時後もダラダラ残ってる人もいるでしょうけど、いくら頑張っても教職調整額4%しかつかないのは、気の毒に思います。

仕事辞めてきました

早過ぎですね。
ちょうど2ヶ月でした。

退職理由は一人の上司と合わなかったからです。
同僚はみんな良い人でしたが、毎日上司から性格の部分を責められ、やる気がなくなってしまいました。
表向きは研修と言われてましたが、毎日終業後に、わたしのダメ出し会議があって、凹むというか、毎日少しずつやる気が削がれる感じでした。

甘いですよね…。
こんなんじゃ何処に行っても通用しない。
そう言われてしまうのも仕方ないと思います。

情けないですね。

今後の予定は、とりあえず4社面接が入っています。
決まれば5月から働く予定です。

休んでる間に、オラクルマスターのブロンズを取れたらと思ってます。

基本情報技術者は会社経由で申し込んでしまったので、受験票はくれないんだろうなぁ…。
ダメ元で聞いてみるか。

ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう その1

はい。
100個出るかわかりませんが、やる気のあるうちにスタートしたいと思います。


えー早速ですね。

学校をよくするために何が必要か。

まずは、質の高い教員を採用できたら、学校=教育は良くなるんじゃないかと思います。

そして、どうやって質の高い教員を採用するかですが、簡単。


お給料を上げる。


まずはこれだと思います。
良い人材には高い報酬を与える。
わかりやすいですね。
わたしのいた自治体では公務員の給料がどんどん下がってましたけど。

学校に勤めていたときに、研修で、大学の教授の方の講演を聞きましたが、その方が仰ってました。

スウェーデン(だったかな?)では、実際に教員の給料を上げて、成果が出たそうです。

あと、こうも仰ってました。
「教育は人の心を研究対象にするものだから、最も難しい学問だ」と。

これについては必ずしも納得はできないのですが、、。

難しい学問ではあるでしょうけど、例えば東京大学京都大学などの一流大学の人はそもそも教員になろうという人いないだろうし。

また、教員採用試験の倍率を見ていると、中学高校については教科にもよりますが、あまり倍率も高くありませんし、人気ないんだろうなと。

高学歴の人が教員になれば、すなわち学校が良くなるとは思いません。

しかし、給料は下げる。
でも、質の高い人材が欲しいっていうのは基本的におかしいと思います。

ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう(前書)

以前、公立中学校に学校事務として勤めておりました。
なかなか荒れた学校で、週に一回以上毎週窓ガラスが割れてた月もありました。

生徒も色々個性がありますが、先生も色んな人がいます。
当たり前ですけど。

仕事に真面目な先生もいますし、事なかれ主義の先生もいます。
同僚としても、親切な先生もいましたし、一緒に働きたくない先生もいました。

先生が大変な仕事というのは近くにいて実感しましたけど、制度や職場にも色々問題があると思いました。

今は学校現場から逃げてしまいましたけど、こんな風だったらよかったのになぁと思うことがたくさんあります。

それを少しずつ書いていこうかなと思います。
100個出るかわかりませんが…。

100は目標です。

あと、この提案ですが、すべて主観によります。
データや統計を参照しません。

なので、話半分に読んでもらえたら嬉しいです。


残業と休憩と

ここ最近、残業ばかり続いています。
入社する前から忙しい業界ということは知ってましたが、毎日残業だと少し疲れます。

ところで、今日書きたいのは残業が多くて嫌ということだけではありません。

納期が短い案件があれば、残業もしなくちゃいけないでしょう。
上でも書きましたが、残業がそれなりにあることは知ってたので、文句はありません。

でも、納得のいかないこともあります。

まず、前の記事でも書きましたけど、始業時間前の掃除ですね。
それに加えて、金曜日の終業時間になったらまた掃除を行います。

しかも、うちの職場は就業規則で、終業時間から30分は休憩時間と定められているため、残業代は出ません。

就業規則に書かれているので、その時間は休んでたらいいのですが、ほとんど毎日ミーティングがその時間に食い込んでます。

ミーティングが早く終わって、休憩時間に食い込んでいなくても、休憩するより早く帰りたいので、ボランティア勤務してます。

今の会社は9時から始業、12時〜13時休憩、17時半終業で、勤務時間は7時間半です。

1時間の休憩があるので、労働基準法的には終業後の休憩は必ずしも要る訳ではないはずです。

そして、その休憩時間に休んでいる人はいないので、実質的に見れば、残業時間を抑えるために存在する休憩に思えてなりません。

ミーティングや掃除が、その時間に行われているので、使用者の管理下にあるのは間違いないです。

毎日45分タダ働きしてると思うと、損していると感じてしまいます。

※3月22日誤字脱字修正しました。
広告を非表示にする