端っこ暮らし

人生迷走中。世界の端っこで暮らしています。思い付いたことを少しずつ書いていきたいと思います。

ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう その2

読んでくださっている方がいたら、ありがとうございます。

仕事辞めて暇なんですが、時間を潰すのは得意なようで、やることがなくて困るということにはなっていません。

就活ですが、まず1社内定いただきました。


さて、
本題です。

ぼくがかんがえたがっこうをよくする100のほうほう その2

です。

その2で考えたことは、
教員の、いわゆる「超勤4項目」の限定をなくすことです。

ご存知の方も多いように、公立学校の教員は、『公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法』により、残業代が出ていません。(詳しくは同法をググってくださいね)

残業代が出ない(というか残業の概念がない)ので、勤務時間の区切りがつかず、ダラダラ帰れない教員の方も多いと思います。

勤務時間を区切り、残業代を残業しただけ出すようになれば、ちゃんと時間外労働時間をきちんと把握でき、労務管理がちゃんとできると思うんです。

まあ、そのためには他にも変えなければいけないことたくさんあるんですが…。

定時後もダラダラ残ってる人もいるでしょうけど、いくら頑張っても教職調整額4%しかつかないのは、気の毒に思います。